ミセスユニバースジャパン2022ファイナリスト

【Mrs. Universe Japan 2022 Finalist】No.13 斉藤 ゆき子 Yukiko Saito ~HSPを味方につけた輝き人生~

皆さまこんにちは。

7/15(金)に行われる、ミセスユニバース日本大会ファイナリストの皆さまをご紹介しています。

ミセスユニバースはWomen Empowerment =女性の社会進出をテーマに行われている大会です♡

こちらの記事では、数多くの応募者の中から、ファイナリストになられた皆様について紹介いたします!

【斉藤 ゆき子さん】プロフィール

声で物語を映しだす朗読表現者

はじめまして!

ミセスユニバースジャパン2022ファイナリストの斉藤ゆき子です。

ダイナミックに言葉を奏で、声だけで物語を映しだす独特の舞台朗読をライフワークに、指導者としても、朗読塾「ソフィアの森」で、長年のコンプレックスや人間関係の悩みから解放された人が続出。

著書に「奇跡の朗読教室 人生を変えた21の話」は重版となり、私の独自のスタイルで運営している教室はNHKでドラマ化され、反響を呼びました。

一方で事務所に所属する役者でもあります。

家族は夫、長男、長女、の四人家族。

夫、子どもたちの弁当を25年間作り続け、主人の両親と10年間一つ屋根の下で同居し、そうして二人を見送りました。

子育てもひと段落、自分の可能性をバージョンナップしたい、そんな気持ちで頑張りたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

ミセスユニバースに応募しようと思ったきっかけ

年齢を超えられるものがあるはず、それを自分自身で探求してみたいと思ったからです。

そうして年齢を越えて意欲的に輝く人たちと交流したいという思いから。

HSPを味方につけた輝き人生

人生で悩んでいた時期について教えてください

私は福島で生まれ仙台で学生時代を過ごしましたが、18才の時に、“田舎者がアナウンサーになれるか”と叔父に罵られた。

「絶対負けるものか」と心に誓い、高校三年の時に、NHKの放送コンクール全国大会に出場、以来、大学時代は1年間深夜の人気ラジオ番組のアシスタントに抜擢。

しかし、アナウンサーの試験は全敗、親からは以後一切支援しないと突きつけられ、東京で一人で生きるために朝から深夜まで働きました。

独身時代に経験したバイトは30以上。

一人で東京で生活する厳しさを知った。

なにをやってもうまくいかない、悶々とした日々を送り絶望的になりました。

苦しい思いをしながらも希望の光はありましたか?

そんな時、オーディションで出会った方からダブルで受けてしまったからと突然音楽会の司会の仕事を依頼された。

小さい頃からピアノを習っていたので、音楽には知識があったため、水を得た魚のように仕事ができた。

すると、そこに居合わせた企画運営者の方が声をかけてくれた。

「君は才能があるから、これからも仕事をお願いします」

この言葉で生き返るような思いがした。

月に、3万ぐらいの収入が100万を超える月もあった。

自信を失っていた自分がどんどん生き生き仕事ができるように変わった。

言葉の大切さ、たった一言で人は変われると実感した瞬間だった。

それでも、なかなか上手くいかなかったことはありましたか?

結婚し、出産してから子育てへ。

仕事はほとんど休止。

それでも依頼が来る中に、私は子育てを大事にしたいと思った。

収入も減り、誰にも頼れない、大変な時期だったと思う。

辛い時期を乗り越えたあと、大きな成功体験を教えてください!

司会ではなくナレーターの事務所を紹介してくれる人が現れた。

なかなか事務所に所属できない中に運良く大手事務所の道がついた。

CMのお仕事などたくさんの仕事をさせてもらえた。

今から10年前に、小さな朗読教室を始めた。
それは東日本大震災がきっかけだった。

知人で私が司会をしていた演歌歌手の人が津波でなくなり、人はどんなに実力を持っていても震災天災においては、一瞬のうちに全てを失ってしまう。

ならばこれまで私がたくさんの人から学び、教えてもらったスキルを生きている間に、多くの人に伝えたいと思った。

そこから、最初は6人ぐらいの生徒から始まったのが、全国から集まるようになり、キャンセル待ちの教室へと発展していった。

一生懸命、一人を輝かせるため、自分を犠牲にしても人の喜ぶことに一心にかけていくとき、誰かが見つめてくれること、そう信じることができた。

今は教えることと、自分の朗読公演をライフワークとしている。

文学作品を読むことは自分の生き方を見返り、反省し、勇気づけてくれるエネルギーがある。

私の現在と、ミセスユニバースジャパンを通して社会に伝えたいこと

私の現在は、言葉をつたえ、音読の魅力を伝え、朗読の世界を広げてきました。

世界に住む日本人のみなさまへ古典の文化の魅力に親しんで日本に誇りを持っていただけるようにコミュニティを作る活動が始まりました。

アメリカ、タイへ広げています。
多くの方の協力をいただきながら進めていきたいです。

今回のエントリーで社会へ広く女性が活躍する未来が見えて来る気配を感じています。
沢山の女性が輝いているから。

元気や勇気は、まず身近な一歩からではないでしょうか。

私が活動することで、誰かの勇気、希望、先を明るく見ていただけると思っています。

だからこそ全力で頑張りたいです!

最後に一言

自分のことを一番すごい力で好きになれるのは自分しかいない。

【斉藤 ゆき子さん】インスタグラムはこちら!

https://www.instagram.com/sofianomori/

7/15(金)の日本大会開催まで、一人一人が様々な形で努力を続けています。

ぜひ皆さまも応援お願いいたします!

こちらの記事も合わせてご覧ください♡

🌸【自意識過剰だと思っていませんか?】ミセスコンテストに挑戦するべき5つの理由|BellissimaStyle ベリッシマスタイル

【ミスコンで学んだ3つのこと】ミスコン世界大会で得た最も重要な3つの学び|BellissimaStyle ベリッシマスタイル

ABOUT ME
Bellissima Japan
BellissimaStyleを運営する株式会社BellissimaJapanです。 会社情報、ミスコン関連、その他イベント等を投稿していきます。
ぜひフォローしてください♪

コンテストや撮影プラン、プロデュースプランなどの
個人向けのサービスはこちらで詳しくご紹介しております。

最新情報は随時LINE@で発信しています。
質問も受け付けてございますので、お気軽にご連絡ください。