ミセスユニバースジャパン2022ファイナリスト

【Mrs. Universe Japan 2022 Finalist】No.46 安井 幸枝 Sachie Yasui ~振り子人生から学んだしなやかな生き方~

皆さまこんにちは。

7/15(金)に行われる、ミセスユニバース日本大会ファイナリストの皆さまをご紹介しています。

ミセスユニバースはWomen Empowerment =女性の社会進出をテーマに行われている大会です♡

こちらの記事では、数多くの応募者の中から、ファイナリストになられた皆様について紹介いたします!

【安井 幸枝さん】プロフィール

発信し続けるチャレンジャー

皆様、初めまして。

ミセスユニバースジャパン2022ファイナリスト エントリーNo.46のSachiこと安井幸枝です。

私は発信し続けるチャレンジャーです。

私は国内の航空会社の地上係員を1年半勤務後、転職し別の国内航空会社の客室乗務員を13年半勤務し、国内、国際共に乗務して参りました。

その間、サービス向上委員会や新人教育、特別にケアが必要な方のサポートとして手話や目の見えない方へのサポートなどを客室乗務員に指導もして参りました。

多くの方に出会い、沢山のことを学ばせていただきました。

その後ヘルスケアコンサルタントとして身体、健康に特化したファスティングやデトックスのサポートと講師を1年と少し学びました。

世の中のしくみや物事の捉え方、生き方、在り方を見直す良い機会となりました。

現在は自分自身を取り戻すセッションやお話会、日常をエレガントに過ごせるアクセサリー制作販売を行っております。

同時に自分の意識が世界を創り上げていくことを自らを人体実験として自分の意識の変化、チャレンジしていく様子をSNSで発信し続けております。

ミセスユニバースに応募しようと思ったきっかけ

2つ理由があります。

一つ目はコンテストに無縁だと思っていた私がどこまで挑戦できるのかをリアルに発信していくことでフォロワーの方々が「私にもできるかも」と一歩踏み出す勇気になってくれたらという思いがあり、

ファイナリストになる前からSNSでコンテストの応募挑戦していることを発信していました。

二つ目は自分の自然体の幅を増やしたいと思って応募しました。

私はHSS型HSP(刺激追求型の敏感過ぎる人)で元々あがり症、赤面症です。

それを言い訳にせず自分の自然体がどこまで広がるのか人体実験中です。

振り子人生から学んだしなやかな生き方

人生で悩んでいた時期について教えてください

つい最近まで迷走しておりました。

現在も迷走することはあります。

振り返りますと私は振り子のような人生を送って参りました。

全てに全力で向かい、玉砕、次は真逆の方向へ…という具合です。

例えば、妊娠を機に我が子に全身全霊をかけ、育児や食事を学び、ベビーマッサージや赤ちゃんサイン、食育、早期教育に没頭しました。

完全母乳でおやつも手作り、テレビもお砂糖も3歳まではシャットアウト、フラッシュカードと読み聞かせを妊娠中からお腹の息子にやるほどの入れ込みでした。

しかし途中で(私が思う通りの)良い子にはならず息子に反発されるようになり、ようやく気付きました。

私が思う幸せと息子が思う幸せは違う、と。

そこから自分の幸せを追求し始めますが、まだまだ迷走は続きます。

心と身体が繋がっていることを知り始め、健康に没頭し、ヴィーガン、グルテンフリー、無農薬、無添加生活を過ごし色々なものを排除し過ぎてストレスで逆に太ったりもしました。

全ては正解は外側にあり、自分は間違っているという思考や思い込みが創り上げたものでした。

本当の意味で自分とは何か?自分は何を感じているのか?

誰かや何かを中心に置いていないかを感じながらブレたら自分自身に戻るという日々を送っています。

苦しい思いをしながらも希望の光はありましたか?

その後、これまでの自己犠牲が美徳という生き方を見直し、まずは自分を満たすことを始めました。

そして怖いながらもその時やりたいと思ったことをやってみるというチャレンジを始めたのが2018年でした。

ヒールダンスを初めて日本に広げたプロのダンサーを講師に招き、素人のダンスチームを結成し大会に出場したり、映画上映会を開催し満員御礼の大盛況に終わった企画もありました。

その頃は色んな人とのコラボ企画もほとんど満席で怖いながらも発信していくことをよくやっていました。

それでも、なかなか上手くいかなかったことはありましたか?

人の自慢は得意な為コラボ企画などは満席になるのですが、自分自身に対しての信頼、自信が全くありませんでした。

「やっぱり私はダメ」という前提があった為、自分だけの企画をすると全く申し込みがなく、結局私はダメなんだという結果にいつも落ち込んでいました。

このような自分に対する視点がある間は何をしても同じ結果になってしまうと気付き、むやみに行動することをやめて、冬眠するように自分自身に潜るということを始め、自分を赦す、認める、弱さを受け入れるという内観をし始めました。

そして1番受け入れたくなかった自分の弱さと繊細なガラスのハートを受け入れ、自分がHSP(繊細過ぎる人)だと自覚しました。

辛い時期を乗り越えたあと、大きな成功体験を教えてください!

内観をしつつ、自分を受け入れ、自分を責める思考を止めていくうちにやりたいことがフツフツと湧き出し始めたのが一年ほど前の2021年に入ってからでした。

そこから今までと違う選択をし始めました。

なぜなら同じ選択をしてきてうまくいかなかった為に逆のことをやろうと思ったのです。

怖いと思った先には必ず可能性が広がっています。

何度も怯えながらも選択、行動をし続けた結果、昨年起業をし、世界各地にお友達やビジネスパートナーができ、憧れの方の講演会も開催することができました。

とは言え1番の喜びは自分自身に対する捉え方が変わってきたことです。

今まではいかに自分ができないかの証拠集めをしていましたが、現在は周りと自分を切り離した捉え方、自分を安心させる思考ができるようになりました。

その結果比較競争の意識、現実に翻弄される思考から抜け出せるようになりとても生きやすくなったのを感じています。

私の現在と、ミセスユニバースジャパンを通して社会に伝えたいこと

ミセスユニバースを通して伝えたいことは自分がまず幸せ(な思考)になること、そして自分の好きなことをやり続けることが貢献だと声を大にして伝えたいです!!!

特に日本では女性に対する捉え方、意識はまだまだ男性に比べて低いと感じています。

環境や年齢、ステージによって変化するのも負担がかかるのも女性が多いのが現状です。

ですがそれをチャンスと捉えるのか、ピンチと捉えるのかは自分次第です。

その為には環境や人を変えるのではなく自分自身の捉え方を変えること。

被害者意識から抜け出し自分を幸せにする思考を選択していくのです。

ミセスユニバースに出場したからには、やはり審査そして結果というものが必ずつきまといます。

それをいかに楽しめるか、比較競争から抜け出せるか、自分を幸せにする思考かと言った自分の捉え方をどんどん変えていくチャンスだと思っています。

これらのチャレンジと共に自分が本当に好きなことを表現、発信し続けます。

私は企画、提案、巻き込むことが好きです♫今回ファイナリストの皆様にも様々な企画、提案をさせて頂いてますが、全部自分がやりたくて企画させて頂いております。

ファイナリスト間のコラボ配信、ぶりっ子チャレンジ、ファイナリストだけの語り場、自分を褒めるワークの提案など…。

皆様の為という方が聞こえはいいかもしれませんが、本当に自分がやりたいからやっているだけです。

自己犠牲はやり尽くし、そこに幸せがないことは充分過ぎるほど体感しましたから。

好きなことをしているだけなのになぜか皆様から感謝の言葉を頂けて逆に私の方こそありがとうと伝えたくなるなんて最高過ぎます。

だからまずは自分から幸せ(な思考)になろうと伝えたいです。

自分が満たされて初めて与えることができると思っています。

いえ、与えるつもりがなくても与えていることになります。

そんな人達が増えたら勝手に幸せの輪が広がると思いませんか?

私は大きなことはできません。ですがどんなこともまずは1人から始まります。

ファイナリストの皆様と2022年が終わってからも共にそのような輪を広げていきたいと切に願っています。

これからどのような世界が待っているのかワクワクしています♫

最後に一言

ブレて当たり前 大切なのは気付いて自分に戻ること それが真のしなやかさ

【安井 幸枝さん】インスタグラムはこちら!

https://www.instagram.com/sachi.y.1121/

7/15(金)の日本大会開催まで、一人一人が様々な形で努力を続けています。

ぜひ皆さまも応援お願いいたします!

こちらの記事も合わせてご覧ください♡

🌸【自意識過剰だと思っていませんか?】ミセスコンテストに挑戦するべき5つの理由|BellissimaStyle ベリッシマスタイル

【ミスコンで学んだ3つのこと】ミスコン世界大会で得た最も重要な3つの学び|BellissimaStyle ベリッシマスタイル

ABOUT ME
Bellissima Japan
BellissimaStyleを運営する株式会社BellissimaJapanです。 会社情報、ミスコン関連、その他イベント等を投稿していきます。
ぜひフォローしてください♪

コンテストや撮影プラン、プロデュースプランなどの
個人向けのサービスはこちらで詳しくご紹介しております。

最新情報は随時LINE@で発信しています。
質問も受け付けてございますので、お気軽にご連絡ください。