ミセスユニバースジャパン2022ファイナリスト

【Mrs. Universe Japan 2022 Finalist】No.35 藤井 富士子 Fujiko Fujii ~目先真っ暗な介護生活からみつけた『光』~

皆さまこんにちは。

7/15(金)に行われる、ミセスユニバース日本大会ファイナリストの皆さまをご紹介しています。

ミセスユニバースはWomen Empowerment =女性の社会進出をテーマに行われている大会です♡

こちらの記事では、数多くの応募者の中から、ファイナリストになられた皆様について紹介いたします!

藤井 富士子さん】プロフィール

心と体に寄り添う看護助手・ネイリスト

ミセスユニバースジャパン2022ファイナリストの藤井 富士子です。

nail salon経営と 看護助手の仕事をしています。

nailのお仕事では、お客様の爪を綺麗にするだけでは無く、心に寄り添いながら施術を心がけています。

病院勤務では、患者さんの痛み・苦しみ・辛さを的確にキャッチし、迅速丁寧な対応を心掛けています。

さまざまな世界情勢の中、ミセスユニバースジャパンファイナリストの1人として何が出来るかを考え、品格と知性を付けるべく努力し、内面から醸し出す美を追求していきたいと思います。

ミセスユニバースに応募しようと思ったきっかけ

在宅介護に疲れ、どんどんヤツれていく自分の姿に目を背けてきました。

そんなある日 MUJの事を知り、美しく凛とした輝きを放つ女性の方々の映像を見て、私の体の中で激震が走りました。

たった1度の人生、どう生きるかは自分自身が選択する事だと気づき、しおれて行くのを待つだけで終わりたく無い‼️という思いが溢れ、応募させていただきました。

目先真っ暗な介護生活からみつけた『光』

人生で悩んでいた時期について教えてください

3年前、当時90歳の叔母(母の姉)が脳梗塞で倒れ、左半身不随の体になり、子供がいない叔母は私を幼少時代から我が子のように可愛がってくれた事もあり、私が在宅介護する事になりました。

突然始まった介護生活…夜中も数回に渡るトイレ介助、便失禁の処理に30分掛かったり、ベッドから車椅子へのトランスで腰を痛めたり、24時間体制で全介助に疲れ果て15kgも体重が落ちてしまいました。

そんな私の事を心配してくださったケアマネージャーさんからの提案で、1週間程 ショートステイに預ける事にし、その事を叔母に伝えた瞬間…

今まで見た事ないような般若のような恐ろしい顔で『私の事が邪魔なら殺してちょうだい‼️ショートステイに行くくらいなら死んだ方がマシ‼️』『あんたはバチがあたる‼️』と大激怒されました。

私は精一杯、頑張って介護しているにもかかわらず『あんたはバチがあたる‼️』と言われた事があまりのショックで、突発難聴・口唇ヘルペス・全身の蕁麻疹の3重苦に悩まされ、叔母に笑顔で接する事が出来なくなってしまいました。

『お料理作る事が大好きで、友達とゴルフやスイミングスクールに通って楽しい日々を過ごしていた叔母が一番辛いはず。明日こそ笑顔で介護しよう』と反省するものの、

いざ叔母の顔をみると『あんたはバチがあたる‼️』と言われた事がフラッシュバックして胸が苦しくなり、作り笑顔すらできない。

そして夜、一人になった時に『今日も笑顔で介護できなかった』と、反省して涙が止まらなくなる。の繰り返しの日々がとても辛かったです。

苦しい思いをしながらも希望の光はありましたか?

叔母の、あまりの激怒ぶりにその時はショートステイさせる事を諦めました。

その後も24時間体制の介護生活が続いてますが、ケアマネージャーさん・デイサービスのスタッフの方々・訪問医療の先生や看護師さん・訪問リハビリやマッサージの技師さんなど、

沢山の方のお力をお借りし、助けていただいてるお陰で、私は介護しながら仕事も続ける事ができており、全ての方に心から感謝の気持ちで一杯です。

助けていただいた感謝の気持ちをこめ、今度は私が困ってる方や 助けが必要とする方のお力になりたいと心から思います。

高齢化社会の今、介護は他人事ではありません。

突然やってきます。

有料老人ホームは、月額が30万円 40万円 50万円とかかります。

特別養護老人ホームは、入居するのに300人待ちと言われてます。

特別養護老人ホームの充実を働きかけ、介護する側も介護される側も 笑顔で日々を過ごせるような社会になる事を願ってやみません。

それでも、なかなか上手くいかなかったことはありましたか?

『笑顔で介護する』が簡単そうで難しく、

あまりの大変さに本人の前でため息をついてしまう事もありました。

辛い時期を乗り越えたあと、大きな成功体験を教えてください!

すっかり笑顔を失ってしまった私を、ケアマネージャーさんがとても気にかけてくださって、常に最善の提案をしてくださいました。

そして少しでも私の介護量を減らす為に、家族が一丸となって役割分担しながら手伝ってくれ、少しずつ私も笑顔で叔母と会話ができるようになりました。

そして、介護だけに明け暮れる日々にピリオドを打ち、自分自身に目を向けて 心身共に磨き、今までの恩返しを込めて社会に貢献し、この後の人生を実り多いものにしたい。

という気持ちになれた自分が今の私にとって『大きな成功』だと思います。

私の現在と、ミセスユニバースジャパンを通して社会に伝えたいこと

現在は、7月のミセスユニバースジャパンの本大会に向けて 徹底的に自分自身と向き合い、努力し、充実した生活となりました。

昔、女性が地位を確立する為に 沢山の血と涙と汗が流れたと聞いた事があります。

その先人の方々の努力で勝ち取ってきた女性の地位を 更に推進させる為に、1人の力ではなかなか難しいと思います。

ベルッシマジャパン様の理念の元、才能あふれる方々の集合体で大きなムーブメントを起こして、女性の社会的地位向上が推進していく。。。

こんなにも素晴らしい機会を与えてくださるベルッシマジャパン様に心より感謝し、微力ながらも私もその一端を担いたいと願ってます。

最後に一言

小さな決心が『光』となって、 努力と行動で『自信』という輝きを放つ。
一度きりの人生、誰のものでもありません。
自分の人生を輝かせるのは、自分自身です。

【藤井 富士子さん】インスタグラムはこちら!

https://www.instagram.com/fujii.225/

7/15(金)の日本大会開催まで、一人一人が様々な形で努力を続けています。

ぜひ皆さまも応援お願いいたします!

こちらの記事も合わせてご覧ください♡

🌸【自意識過剰だと思っていませんか?】ミセスコンテストに挑戦するべき5つの理由|BellissimaStyle ベリッシマスタイル

【ミスコンで学んだ3つのこと】ミスコン世界大会で得た最も重要な3つの学び|BellissimaStyle ベリッシマスタイル

ぜひフォローしてください♪

コンテストや撮影プラン、プロデュースプランなどの
個人向けのサービスはこちらで詳しくご紹介しております。

最新情報は随時LINE@で発信しています。
質問も受け付けてございますので、お気軽にご連絡ください。