ライフスタイル

【コロナに負けない!】家で楽しく過ごすための3TIPS

コロナが世界中の人々の生活に深刻な影響を与えている、今日この頃。

筆者はパリでロックダウン(都市封鎖)を経験し、その後日本に一時帰国中の現在も、おこもり生活を続けています。。

東京でも外出自粛の動きが強まってきましたね。でもこんな時だからこそ、ゆっくりとおうち時間を楽しく過ごすべき!おこもり生活を楽しくする3TIPS、ご紹介します♪

【コロナに負けない!】家で楽しく過ごすための3TIPS

1st TIP|映画を観て自分の世界を広げよう

お部屋にいながら世界旅行ができちゃう、それが映画鑑賞♡

みんな大好きネトフリことNetflix、Apple TVをはじめオンラインで映画がサクサク観れちゃう時代です。

Netflixはオリジナル作品に力が入っていて、蜷川実花監督の東京が舞台のドラマ「FOLLOWERS」が大きな話題になりましたね。

いつか観ようとおもっていたドラマのシリーズ物をゆっくり時間をかけて観るものも、贅沢なひとときになります。

映画は色んな国や時代にワープできる手段。

気になる分野の映画をじっくり観て深めて、自身の世界を広げるチャンスです。2時間ほど観るなら、ボーッと観るのはもったいない。

ストレッチしながら観るのもおすすめです♪

後日ファッション映画を紹介する記事もupしますね。


Photo by JESHOOTS.COM on Unsplash

2nd TIP| おもいきり美容時間を楽しむ!

いつもは慌ただしくて、入浴時間をしっかりとるのは難しくないですか?

こんなおこもり期間だからこそ、バスタブに入浴剤を入れて、ゆっくり日頃の疲れをとるように意識してみましょう。

筆者は照明を暗くして、好きな香りのキャンドルを焚いてバスタブにつかるのがお気に入り。入浴タイム後にストレッチしつつパックもすれば、身体全体が喜ぶこと間違いなしです!


Photo by Ava Sol on Unsplash

時間がかかるセルフネイルも、いつもはつけないようなビビッドなカラーをつけてみては?手元が華やかになると、やっぱり気持ちも上がります♪

3rd TIP|手を動かしてクリエイティブに過ごそう

PCに向かってばかりじゃ、ヘルシーじゃありません。

手を動かしてクリエイティブに過ごしましょう!

ファッション誌から好きなスタイリングなどの写真を切り取りコラージュしてオリジナルのスクラップブックを作れば、見るたびに気分が上がるし、これから挑戦していきたいスタイリングの参考にもなります。


Photo by Jealous Weekends on Unsplash

インテリアのデコに力を入れるのもクリエイティブ。

長い時間を過ごす部屋を可愛く自分好みに仕上げたら、おこもり時間がもっと楽しくなるはず!照明をやわらかい光に変えたり、カーペットをフワフワ素材のフェイクファーに変えるだけでも、お部屋の印象はかなり変わります。

Sponsord Link

クリエイエティブで自分を高める「おこもり時間」にしよう

コロナ収束どころか拡大が進んでいます。

外に出れないことを逆に楽し見たいと思っています!

3TIPSを実践すれば、「おこもり時間」は無駄な時間でなく、内面も外見も磨くことができる大切な時間になるはず♡ ぜひ実践してみて!

1st TIP|映画を観て自分の世界を広げよう

2nd TIP| おもいきり美容時間を楽しむ!

3rd TIP|手を動かしてクリエイティブに過ごそう

 

ABOUT ME
Ayami OKURA
Ayami OKURA
パリ在住 ファッションスタイリスト、ライター、コーディネーター NY、東京にて経験を積み2020年より渡仏後フリーランスのスタイリスト、ライター、コーディネーターとして活躍中。パリのカルチャーを発信するメディア Chat Lune Paris(シャ リュンヌ パリ)執筆中)の運営もしています。