インタビュー

香港で活動しているモデル♡【小笠原エリイさん】「迷っている時間がもったいない!」

皆さま、こんにちは♡
今回は、Bellissima Japanから海外へ挑戦されているモデルさんについてご紹介いたします。
モデルのご紹介、第一弾は香港でモデルとして活躍されている【小笠原エリイさん】です。

↑エリイさんの香港での活躍

小笠原エリイさんは、とってもアンビシャス!
「人生は一度きり。迷っている時間があるなら、やった方がいいです!」と、の目標のためにあらゆる手を使ってチャレンジされています!
パワフルな魅力溢れるエリイさん、早速ご紹介していきましょう♡

【小笠原エリイさん】日本での活動

小笠原エリイさんは20歳で兵庫県から単身上京し、現在はモデルとして7年目。
上京当初はモデル事務所に所属していましたが、3年目頃から、「日本のKawaii文化ではなく、海外で活動したい」と思うようになりました。
当時所属していた事務所から、「あなたが思っているような活動は(海外で)できないと思う。」と言われ、フリーランスとして活動を開始。
自分で名刺を作って売り込んだり、応援してくれる方を探すなどして、活動の幅を広げられました。
日本ではアシックスの広告や、ホテルオークラ系列のホテルのウェディングムービー、ユニクロでのムービー、オーガニックメーカーでの企業などでモデルのお仕事をなさってきたそう。

↑日本でのモデル活動の1枚

【小笠原エリイさん】海外に行くまでにしたこと・香港に持っていって良かったもの

「海外に行きたい!」と目標を決めてからのエリイさんは、日本で3〜4ヶ月かけてシンガポールのモデルエージェントを知っている方を探したり、自分でシンガポールやマレーシアに行き、エージェント(事務所)を知っている方と人脈を形成。ですが、自力での事務所巡りでは思うような効果が得られなかったそう。

友人の紹介で、Bellissima Japan代表の大島一恵と出会い、2019年12月に、大島や西尾、その他モデルを目指す5名で香港に渡航。現地チームのアドバイスのもと香港の事務所に需要があるテイストの写真を撮影(撮影の様子はこちら)、香港、台湾と合計10ヶ所以上の事務所を回りました(レポートはこちら。この時に巡り合った事務所との契約で、2020年の6〜9月の3ヶ月間の活動が決定。
この経験から、3ヶ月だけではなく「香港に絶対にまた来たい」と思ったそうです。

 

↑現地チーム、カメラマンで香港テイストに撮った1枚

海外に行くまでにして、良かったこと

小笠原エリイさんが海外に行くまでにしたことのうちでおすすめだったことは、海外向けのBookを作るために、海外のカメラマンの方に沢山テストシュートしてもらうことだそうです。

エリイさんの選んだ方法は、とてもタフ。
インスタグラムのハッシュタグなどで海外からきている観光中のカメラマンを探し、メッセージをして海外向けの写真を撮ってもらっていたそう。
「『あなたの写真がとっても気に入たので、ぜひ写真を撮ってもらいたいです!いつ来るの?撮ろうよ!』と簡単な英語で話しかけ、実際にBookに入れられるように『データの納期はいつになるのか?』などを交渉しました。
ハッシュタグをつけていると、そこから別のカメラマンにもつながったりして、本当に色々な方に写真を撮ってもらうことができました。英語の勉強にもなり、Bookに入れる写真も沢山撮れたので、おすすめです」
とおっしゃるエリイさん。その行動力に圧倒されてしまいます!

その時に皆さんに撮ってもらっていた写真を数枚ご紹介します。

↓日本のちょっとしたスポットが、海外の方の目線だとこんな風に。自前のカラフルなブーツが映えています!

撮る人によって、カラーが全く違うのが興味深いですね!

【小笠原エリイさん】香港が良かった2つの理由

①周りのモデルたちから「タフさ」という刺激を貰った

香港のエージェントと知り合い、3ヶ月香港に滞在してモデルとして活動する中で、また絶対香港で活動したいと思った理由。それは、海外のモデルの友人たち方から貰った刺激でした。

↑仲良しのご友人との一枚。

香港では4人部屋で、ロシアやカザフスタンなどから来たモデル仲間と共同生活を送っていたエリイさん。最初は英語ができずに苦労されたそうです。
ですが、16歳、20歳と自分よりも若いモデルの方が、マザーエージェントから「次はここの国へ撮影に行って!」と言われてスーツケースひとつで知らない国に行って撮影をする、そんな刺激が、とても良かったんだそう。前回は3ヶ月という限られた期間だったので、次は絶対に「私もこんな風に活動したい!」「活躍できるまでは日本に帰らない!」と思われたそうです。


また、沢山の仲間に恵まれたことも、理由のひとつ。
コロナ禍での14日間の入国後の隔離期間中も、仲間が変わるがわる差し入れを持ってきてくれて、フードファイト状態とのこと。

こちらは前回3ヶ月間の渡航の際の様子ですが、香港を楽しまれている様子が伝わってきます☺️✨

②香港はモデルにとって生活しやすい環境だから

小笠原エリイさんが考える、香港が良い理由の2つ目は、モデルにとっての生活しやすい環境であること。
香港にはなんと、クラブ、飲食店などが運営する、モデルフリーのレストランやフィットネス、バーといった沢山の施設があるのだそう。
モデル事務所への登録・Bookがあることが条件ですが、一定の時間に行けば、無料でご飯を食べたり、フィットネスをすることができ、集まったモデル同士でも情報の交換が可能。お店側は、沢山のインフルエンサーを呼ぶことができる…と、どちらにとってもWin-Winな状況が整っているのだとか。
おかげで「長く活動できる環境がある!」とおっしゃっていました。

↑モデルフリーのレストランの様子。

【小笠原エリイさん】将来への野望〜まずは香港で成功し、4つの国で活動できるようになりたい!〜

そんな小笠原エリイさんが将来的に目指すのは、「香港で成功をし、日本、ヨーロッパ、香港、あとどこかもう1つの国で活動すること」だそうです。
ご自身の事を「海賊」とおっしゃるエリイさん。
これだけのタフさのあるエリイさんなら、絶対成功を掴んで、香港からヨーロッパへの活躍の足掛かりにされそうですね!!

【小笠原エリイさん】これから香港に挑戦する方へ♡

そんな小笠原エリイさんに、これから後へ続く後輩たちへのアドバイスを伺いました。

私は英語が全くできない状況で香港に来てしまったので、最初のイミグレーションのところから苦労しました。また、ルームメイトとの会話も、もっとできたら…と思うこともあります。ですので、英語は勉強しておいたほうが良いと思います!

私が常日頃から思うこと。それは、人生は本当に1回きりだ!という事です!
やりたいことがあるなら、迷っている時間があったらやってみて!!

とってもパワフルなエリイさん。
成功を掴んで、大陸を股にかけた活動をなさりそうですよね!
私も、全力で応援しています!

今回は、海外でのモデルを目指す皆さんに、一足先に香港で活躍されている【小笠原エリイ】さんについてご紹介しました♫

【小笠原エリイ】さんのインスタグラムはこちら♡

Bellissima Styleでは、モデル・ミスコンに関する様々な情報をお伝えしています。

香港やアジア圏でのモデルとしての活動について、気になる方や興味のある方は、Line@からご登録&ご質問ください♡

友だち追加
ABOUT ME
Yoshiko
Yoshiko
日本在住。Bellissima代表大島とご縁を頂き、ライターとして活動しています。