ミセスユニバースジャパン2021ファイナリスト

【Mrs Universe Japan 2021 Finalist ご紹介】エントリーNo.22 島田 利恵さん

皆さまこんにちは。

7/1に行われる、ミセスユニバース日本大会ファイナリストの皆さまをご紹介しています。

ミセスユニバースはWomen Empowerment =女性の社会進出をテーマに行われている大会です♡

こちらの記事では、数多くの応募者の中から、ファイナリストになられた皆様について紹介いたします!

【島田 利恵さん】プロフィール

はじめまして!Mrs.Universe Japan 2021 Finalistの島田 利恵と申します。

私は現在企業にて社員の健康管理をしている保健師です。

以前は病院の看護師として、また行政保健師として地域住民の健康増進の仕事をしておりました。

私には15歳と11歳の年頃の娘がおり、日々フルタイムの仕事と家事育児に奮闘している毎日です。また、毎朝の愛犬の散歩が日課となっております。自分のココロとカラダの健康もケアしております。

今年から看護の大学院にも入学し、日々課題に取り組んでいます。

ミセスユニバースに応募しようと思ったきっかけ

美を競うコンテストは、美人でスタイルがよく、モデルのようなスーパー美人でないと応募できないし、私の人生には関係ないことであると思っていました。そんな私がまさか応募するとは、今でもびっくりしています。

私は幼少の頃から自分の容姿には自信がなくコンプレックスの塊でした。写真を撮られることも苦手でした。そんな私が50歳過ぎて自分が生きられる時間を意識するようになり、「自分のコンプレックスはなくならないが女性としての自分を好きでいたい、あえて自分に挑戦し自信をつけたい」と思ったからです。

また年頃である自分の娘も容姿にコンプレックがあり、コンプレックスがあっても女性として輝くことができることを伝えたいと思い挑戦しようと思いました。

グランプリになったらしたいこと

私は現在企業の「保健師」として、社員の健康管理をしています。多くの方は保健師という仕事についてご存じないかと思います。保健師は国家資格をもつ医療職です。以前は、行政保健師として住民がさらに健康で暮らしていけるよう支援をする仕事をしていました。

保健師は看護師助産師と比べると就業人数は少ないのですが、対象となる方の人生に携わる仕事です。

私がグランプリになったら、あまり知られていない保健師という仕事のPRや、現在コロナ禍で医療職として保健所で最前線として社会貢献している保健師の活動や役割を色々な方に伝えていきたいです。

ミセスユニバース日本大会に向けての意気込み

私は自分がファイナリストに選出していただけるとは本当に思っていませんでした。50歳過ぎると何事もチャレンジだと思い、自分がやってみようと思ったことのひとつが、ミセスユニバースへの応募でした。自分には自信がないと言葉にするには簡単です。

選出していただくことで自分自身に挑戦するチャンスをいただけたことには感謝しております。生まれもった本来の容姿を簡単には変えることはできませんが、マインドとチャレンジする勇気、そして輝く笑顔は十分変化することは可能です。

あの時こうすればよかったという後悔はしたくありません。自分のもっているものを日本大会で発揮したいです。また日本大会に参加することで自分をもっともっと好きになりたいと思います。

【島田 利恵さん】インスタグラムはこちら!

今後、Youtubeの動画もUPいたします!

7/1の日本大会開催まで、一人一人が様々な形で努力を続けています。

ぜひ皆さまも応援お願いいたします!

https://bellissima.style/mrspageants/

https://bellissima.style/miss_manabi_kazue/

ABOUT ME
Bellissima Japan
Bellissima Japan
BellissimaStyleを運営する株式会社BellissimaJapanです。 会社情報、ミスコン関連、その他イベント等を投稿していきます。
ぜひフォローしてください♪

コンテストや撮影プラン、プロデュースプランなどの
個人向けのサービスはこちらで詳しくご紹介しております。

最新情報は随時LINE@で発信しています。
質問も受け付けてございますので、お気軽にご連絡ください。