Bellissima

【Mrs Universe Japan 2020 Finalist ご紹介】エントリーNo.20 吉田 えりさん

皆さまこんにちは!

9/23に行われる、ミセスユニバース日本大会ファイナリストの皆さまをご紹介しています。

ミセスユニバースはWomen Empowerment =女性の社会進出をテーマに行われている

数あるミセスコンテストの中でも規模の1番大きな大会です♡

こちらの記事では、数多くの応募者の中から、ファイナリストになられた皆様について紹介いたします!

【吉田 えりさん】プロフィール

吉田さんは現在、ヴァイオリニスト、ヴァイオリン講師として活躍されています。
また、モデルの高原優一郎氏に師事され、モデルウォーキングの講師を目指して練習もされています。

音楽大学卒業後、オーケストラ、室内楽、ソロ等で演奏活動を開始。
40歳になってからのウィーンへ短期留学を経験。ウィーンでは、WIENER MUSIC SEMINAR にてDIPLOMA取得。ウィーンではコンサートに出演されています。

また、モデルとては、ピンクリボン発行「PiNK」の表紙、化粧品webCMの出演、女優として短編映画にも出演されています。

・身長:162cm

・生年月日:1966年09月20日

Sponsord Link

ミセスユニバースに応募しようと思ったきっかけ

私はヴァイオリニストとして、オーケストラ、室内楽、ソロ活動を続けてきました。
また、ヴァイオリン講師として後進の指導に当たっています。

音楽一色だった私の人生に転機が訪れたのは、8年前の闘病生活でした。
入院中、ベッドに横になっていた私は、何かやり残したことがあるのではないかとふと考えていました。
音楽も好きでしたが、他の世界も覗いてみたくなったのです。

私は演技の勉強をしようとオーディションを受けました。私は映画が大好きだったのです。運よくオーディションに受かり、20代の人達と一緒に映画制作に取り組みました。その時出会ったのがモデルウォーキングでした。
モデルウォーキングは体全体の筋肉を使い、日々トレーニングに取り組まなくてはなりません。しかし、ただ歩くのではなく、自分自身を表現する素晴らしい芸術なんだと私は思いました。

私は、周りからの勧めもあり、このコンテストにチャレンジする事にしました。コンテストには、モデルウォーキングで自分を表現する事、スピーチで自分の意見を述べる事、そして色々な経験をしたコンテスタントと出会う事。そこに自分を成長させるすべてが詰まっていると感じたのです。

コンテストが終わるまで何が起こるか、私にも分かりませんが、だからこそこのドキドキ感を楽しみに変えて、舞台で輝きたいと思います。

ミセスユニバースに向けての意気込み

ファイナリストに選ばれた事はとても嬉しく、光栄に感じています。
舞台に立てるだけで十分と思っていましたが、レッスンを重ねるごとに、世界に羽ばたきたいという気持ちが芽生えてきました。
自分ととことん向き合い、努力し、悔いの残らないように頑張りたいと思います。
応援よろしくお願いします。

【吉田 えりさん】インスタグラムはこちら!

9/23の日本大会開催まで、一人一人が様々な形で努力を続けています。

ぜひ皆さまも応援お願いいたします!

あわせて読みたい
【自意識過剰だと思っていませんか?】ミセスコンテストに挑戦するべき5つの理由「ミセスコンテストって美魔女のコンテスト?」 「自意識過剰な人が出るんでしょ?」 なんて言われることがあります。 私は、そうは思い...
あわせて読みたい
【ミスコンで学んだ3つのこと】ミスコン世界大会で得た最も重要な3つの学びこんにちは! ベリッシマジャパン株式会社代表取締役社長の大島一恵です。 今回の記事では私自身がミスコンを通して学んだ3つのこ...
ABOUT ME
Bellissima Japan
Bellissima Japan
BellissimaStyleを運営する株式会社BellissimaJapanです。 会社情報、ミスコン関連、その他イベント等を投稿していきます。