ミセスユニバースジャパン2022ファイナリスト

【Mrs. Universe Japan 2022 Finalist】No.31 野口 ナオミ Naomi Noguchi ~自分に感謝をしたら輝き始めた人生~

皆さまこんにちは。

7/15(金)に行われる、ミセスユニバース日本大会ファイナリストの皆さまをご紹介しています。

ミセスユニバースはWomen Empowerment =女性の社会進出をテーマに行われている大会です♡

こちらの記事では、数多くの応募者の中から、ファイナリストになられた皆様について紹介いたします!

【野口 ナオミさん】プロフィール

境界性パーソナリティ障害を乗り越え、HSP気質を活かし人生を輝かせたセルフラブコーチ

皆様、はじめまして!
ミセスユニバースジャパン2022ファイナリストの野口ナオミです。

私は2021年に自身のHSP気質・共感力を活かし、女性の「なりたい自分になる」ためのサポートをさせていただきたく、ライフコーチとして起業しました。

前職は、外資系企業の社長秘書兼オフィスマネジャーなどをしておりました。

ですが、実はイスラエルのテルアビブが大好きでして、
どうしても我慢出来ず、
東京での安定した生活を全て捨てて、現地へ渡航した経験もございます。

当時は30歳を過ぎておりましたが、
キャリアやプライドも捨てて現地のベンチャー企業に無給でインターンシップもさせていただきました。
そして2020年に帰国しました。

帰国後は自身の夢でもあったイスラエルのベンチャー企業と日本を結ぶ事業開発を担当させていただきました。

しかし、自身の夢だったはずの仕事に就けて嬉しかったはずなのに、
なぜか自分の中で違和感を覚えるようになりました。そして自分自身と再度向き合った結果、起業する事を決意しました。

現在は国内外の方に向けて
セルフラブを軸としたコーチングセッション、トラウマやネガティブな感情を解放するヒーリングセッション等を提供させていただいております。

そして、私自身がとても若い時期に国際結婚、出産、離婚の経験をしておりまして、離れて暮らしておりますが、高校生の女の子の母でもあります。

ミセスユニバースに応募しようと思ったきっかけ

ミセスユニバースジャパンに応募させていただいた理由は主に下記の3つになります。

①自分の殻を更に破り、可能性や活動範囲を広げて世界の女性のサポートをしたい!

②今まで自分1人では出来なかった社会貢献をしたい!

③現在日本で暮らしている事に対して、人生の意味付けをしたい!
(諸事情で好きな国に居れずに、現在日本で暮らしているので)

実は私は自身の人生経験を通して日本だけではなく、「世界中の女性のサポートが出来る人になりたい。」と常に思っております。

私自身の人生の大きな目標は、
「発展途上国の女性が自身の子供と離れずに暮らせるよう自立し働ける場所の提供が出来る女性になりたい」と思っております。

更に加えて、
せっかく女性として生まれてきたのですから、
美しさとも触れ合えるファッションを通して、
お子さんとも一緒に楽しみながら暮らしていける、そんな心も経済面でも豊かな暮らしをサポート出来る女性になっていきたい。
と思っております。

ですので、女性のエンパワメントをテーマにしているミセスユニバースに参加する事は、私自身の目標に一歩近づけるような気がしました。

ですが、正直なところミセスユニバースの募集を見つけた時は、直ぐに応募出来ず悩みました。
なぜなら、一歩踏み出すのが怖かったからです。

しかし、出来ない理由を探すのではなく、チャレンジした先の新しい自分に出会える事を楽しむことに意識を変え、今回のミセスユニバースの大会にチャレンジさせていただきました。

自分に感謝をしたら輝き始めた人生

人生で悩んでいた時期について教えてください

幼い頃からHSP気質だったため、常に生きづらさを抱えておりました。

恋愛面でも恋愛依存症で、俗に言う「こじらせ女子」でした。

とにかく自分の人生も自分も大嫌い!
なぜ皆はそんなに長生きしたいの?とも思っておりました。

私はかなり若い時期に国際結婚、出産、そして海外で国際離婚を経験しました。

離婚の時、我が子を引き取れずに独りで帰国しました。
ですので
「母親なのに連れて帰って来れなかったダメな人間」として自分を責め続け、
そんな自分を恥、ずっと罪悪感を抱えておりました。

実は、その前からも繊細過ぎて心が折れやすかった為、中学生の時や大人になってからも何度か自殺未遂をしてしまった経験があります。そしてカウンセラーの先生には「あなたは境界線パーソナリティー障害で治らない」と宣言されていました。

それからは、更に「自分は欠陥品なんだ。」と思う様になりました。

しかし、その反面、周りからはそのように見られず、キラキラ女子、リア充とも呼ばれて、その度に「本当の私をわかってくれる人は誰もいない」と感じてしまい、
常に孤独感を抱え、葛藤しておりました。

当時は生きづらさの原因は外側にあると思っていたため、生きづらいのは日本の環境の性だと決めつけておりました。
ですので常に日本ではないどこかを探し求めては、旅行や海外に在住してみたりの繰り返しをしておりました。

そして、30歳を過ぎた頃、本気で人生を変えようと思い、
安定した東京での生活、キャリア、恋人、全てを捨てて、自分の心が唯一ワクワクする大好きな国、イスラエルのテルアビブに渡航する事を決意しました。

しかし、ここでも壁に打ち当たりました。
イスラエルはユダヤ教徒ではないとビザがとても厳しい国で、雇用する側も費用をかなり負担しないといけない為、面接でお話が進んでもビザの話になると、私のキャリアではなかなか雇って貰えず、日本から就職を決めて向こうにいく事が難しい状況になりました。

それでも0.001%のチャンスや夢を叶えるために、諦めないでプライドも捨てて、30歳を過ぎているのにも関わらず、学生と同じ「無給」でのインターンシップで現地のベンチャー企業で色々な経験をさせていただきました。

しかし、自分の心のワクワクに従い行動に移し、好きな国で夢を実現して、やっと上手く行きはじめたかと思いきや、
この後、自分の人生で初めてと言っていいほど、
心から挫折するハプニングが起きてしまいました。

突然一瞬にして夢も何もかもなくなる事が起きました。

そして自分の意思とは別に日本に帰国することになりました。

この出来事を通し人生で初めて「夢を失う事がこんなにも辛いことなのか」と知りました。

まさに私の人生の最大の挫折を経験をしました。

苦しい思いをしながらも希望の光はありましたか?

はい、ありました。
同じ出来事でも起きた事の受け取り方を変えてからは、光が差し始めました。

実は、上記の予期せぬ帰国で大ショックを受け、帰国後約1か月弱立ち直るのに時間がかかりました。

まさに鬱状態で、綺麗好きの自分が部屋の掃除も全く出来なくなりました。
服も畳めない、服を脱いだら拾えない、何も整理整頓出来ない、何にもやる気が出ず、イスラエルで起きた事がショック過ぎてイスラエルのイの字を思い出すだけで吐き気がしていました。

「私は人生を良くするために色々行動したのに、結果的に更に悪くなった。自分は一体何をしているんだ?何を考えていたんだ?馬鹿じゃないのか?」と
こんな事になった自分を責め、恥じていました。
と同時に「今後自分はどうなってしまうのだろう?どうしたいかもわからない。」と不安と恐怖も抱えておりました。

しかし、もう将来の事を心配するのをやめて、
今はとにかく安心出来る家族や友達と過ごす事だけに意識を向けよう!と意識を変えていきました。

そして、「全ての事には必ず+とーの意味がある」と気づきました。

そこでポジティブな面をみるように意識を変えていきました。

今の状況も「今はわからないけど、きっと私にとっては良い事だったんだ」と、
自分の人生にとってこの事をポジティブな意味づけに変えようと決意し始めたら、立ち直る事が出来ました。

そして、
2年経った今、当時を振り返ると本当に
「これは自分にとって良い事だったんだな」と納得する事が起きていました。

というのも振り返ると、
このハプニングは最悪だったようにみえて、実は、私にとって、とてもタイミングが良かった事だったのです。
例えば、
帰国当時はコロナ禍初期だったため水際対策がまだなく、隔離等もなしでスムーズに日本に入国出来ていました。
他にも当時はコロナは中国が発祥と言われており、海外ではアジア人が酷い差別を受ける事もありました。

それももう少し帰国が遅れてたら私も経験していたかも知れません。
他にも「日本に帰りたくてもフライトがない」といった事もあったようです。

私も同じだったかもしれません。
ですが、このような事は避けられて無事帰国しコロナ対策が厳しくなる前に友人にも会えて心の充電をする事も出来ました。

そして、その後はテルアビブに滞在していた時に知り合ったベンチャー企業の社長様からのお誘いで長年夢だったイスラエルの企業と日本を結ぶ仕事に携われることになりました!

ちょうどコロナ禍の影響でオンライン化も進み、リモートワークが一般的になったお陰でこの仕事に日本にいながらも携われるようになりました。

ですので凄く結果的に恵まれていた事に気づきました!

それでも、なかなか上手くいかなかったことはありましたか?

はい、ありました。

実は帰国後すぐにはイスラエルのベンチャー企業とのお話は進んでおりませんでした。ですので日本でコロナ禍の中、就職先を探しておりました。

コロナ禍初期でしたので、殆どの外資系企業は求人をストップしておりました。

もちろん海外就職案件もなかなか進まず、応募しても全然返事が来ず宙ぶらりんの状態が続き、全く先が見えずに焦りと不安でいっぱいでした。

そして内資の求人も受けてみるものこちらもお話が進まず、こんな状況に更に自信を失い、自分否定ばかりしていてとても辛い時期でした。

そして、帰国後数ヶ月が経った頃にやっとイスラエルのベンチャー企業とのお話が進み事業に携われる事になりました。

しかし、しばらく経つと心に違和感を持ち始めました。ずっと願っていた夢の仕事に就けて嬉しいはずなのに違和感を抱えるようになり、また悶々と悩む日々を過ごす事になりました。

辛い時期を乗り越えたあと、大きな成功体験を教えてください!

上記の通り、しばらく悶々とした日々を過ごしておりました。

そして、ちょうどその頃クラブハウスが始まりました。

それがきっかけでお話させて頂いた著名人の方々からのアドバイスを元に
「自分を捨てる」ことを決意しました。

それは私にとって、自分の大好きなイスラエルと関わる仕事を一旦手放すという事を意味していました。

そして、その後起業塾に入りこちらで色々と学ばせていただきました。
ここがきっかけで現在、私自身がコーチングの軸としている「セルフラブの大切さ」を知ることにもなりました。

そしてこのセルフラブを毎日実践していきました。
「自分のどんなに嫌いな欠点もどんな自分に対しても毎日徹底的に感謝する事」を習慣化させていきました。
そして
ずっと恋愛依存症だった私は「誰かから愛されるのを待つのをやめ、まずは自分で自分を満たす事」を実践していき、
「本当に自分が愛を向られる人、本当に自分に愛を向けて接してくれる人以外とは関わらない」と決めて実践していきました。

すると、自分自身が長年悩み苦しんできた「HSPで繊細過ぎる自分」を受け入れる事ができました。

繊細さ、これこそが「私の生まれ持った最高のギフトだった」と気づきました。

すると自分に更に感謝の気持ちがわき、自身のHSP気質が愛おしくてしょうがなくなりました。

そして、恋愛依存症も克服出来ました。

とてもコントロールが難しいくらい感情的だったのですが、すごく冷静になり、多角面で物事を分析出来るようになりました。

つい相手軸だったのが自分軸で判断が出来るようになりました。

子供との事も一緒に暮らせない事への罪悪感が減りました。自分を恥ていた事も減り、子供がいる事をこうして表に言えなかった事が言えるよう変わっていきました。

生き苦しいのは日本の環境の性だずっと思っていましたが、今まで全て外側に求めていたものは、実は内側にある事に気づきました。

そして、私だけは幸せになれないとずっと被害者意識を持っていました。
自分の人生も自分も大嫌いでした。
しかし、自分に徹底的に感謝をするようになってからは、私史上最高に自分が大好きになり、自分の人生に生まれてきて本当に良かった!と思えるようになりました。

更に、治らないと言われていた境界性パーソナリティ障害も乗り越えられました。

私の障害、繊細さ、そして波瀾万丈だった人生経験が無駄ではなかった事に気づきました。
この経験があったからこそ、この経験を活かし周りの人のサポートが出来るライフコーチとして活動が出来るようになりました。

色々な事が好転し、
現在は自分の人生の使命を見つけ自分にも感謝を出来るようになり、人生が本当の意味で輝き始めました!

私の現在と、ミセスユニバースジャパンを通して社会に伝えたいこと

現在は国内外の方へセルフラブを軸としたコーチングや目に見えないエネルギーでトラウマやネガティブな感情を解放するヒーラーとして活動させていただいております。

伝えたい事は
「自分が幸せになればなるほど、周りも幸せになり、それが世界平和にも繋がっていく」という事です。

幸せになる事は決してワガママではないのです。
どんな過去を持っていても、どんなに自分はダメだと思っていても、あなたは今すぐ幸せになっていいのです!それを許可するのはあなた自身です。

そして幸せになる事は周りへの貢献にも繋がります。

ですので、
皆さんも是非、自分らしく輝きながら生きていく事を恐れないで下さい。

自分を大切に出来る人は周りの人の事も大切に出来る人です。
自分への愛がいっぱいになったときに自然とあなたの輝きは増し、この溢れた愛が周りにも広がっていきます。

想像してみて下さい。
もし一人一人が自分を愛で満たせたら?
皆が自分である事に感謝が出来たら?
自分らしく生きることを恐れなくなったら?
1人1人が愛に溢れ幸せなエネルギーでいられるでしょう。

この小さな1人の幸せのエネルギーが周りの人へと広がり、そして地域、国、やがて世界へと広がり、世界に平和が訪れると信じています。

一緒に輝いていきましょう!

最後に一言

今辛い方、またはこの先辛くなった時に下記を思い出していただけたら嬉しいです。

たとえ今がどんなに辛くて先が見えなくて、笑えなくても絶対に大丈夫です。

必ずまたたくさん笑える日が来ます。

今は自分を責めるのをやめて、代わりに今までたくさん頑張ってきた自分を褒めて、感謝してあげて下さい。

すると人生も自分も輝きはじめます!

【野口 ナオミさん】インスタグラムはこちら!

https://www.instagram.com/naomi_nlly/

7/15(金)の日本大会開催まで、一人一人が様々な形で努力を続けています。

ぜひ皆さまも応援お願いいたします!

こちらの記事も合わせてご覧ください♡

🌸【自意識過剰だと思っていませんか?】ミセスコンテストに挑戦するべき5つの理由|BellissimaStyle ベリッシマスタイル

【ミスコンで学んだ3つのこと】ミスコン世界大会で得た最も重要な3つの学び|BellissimaStyle ベリッシマスタイル

ABOUT ME
Bellissima Japan
BellissimaStyleを運営する株式会社BellissimaJapanです。 会社情報、ミスコン関連、その他イベント等を投稿していきます。
ぜひフォローしてください♪

コンテストや撮影プラン、プロデュースプランなどの
個人向けのサービスはこちらで詳しくご紹介しております。

最新情報は随時LINE@で発信しています。
質問も受け付けてございますので、お気軽にご連絡ください。